使用していた日立のTV
Wooo P42-XP05がとうとう壊れてしまった(涙)。
画面がプラズマパネルで綺麗だったから気に入ってたし、
居間と同モデルにしていたから、
カセットHDDで録画番組を移動できて便利だったんだけどね。。。

地デジ移行の2011年に購入したから
約8年だと、まぁ、寿命でしょうね…(涙)。

つーわけで、TVを買い換えるために久々の家電量販店へ♪
最近はすっかりネットで買うのでなかなか足を運ばなくなってたけど、
やっぱりTVは実際の画面を見ないとね♪♪

んで、驚いたのが店頭は4K&有機ELのTVばかり(汗)。
更に、その迫力ある美しい映像を客に見せつけるためか、
どれもこれも50インチ以上の大画面がズラリと並んでる。。。

とはいえ…
現在の地デジ放送は総務省のロードマップで2025年まで2Kのまま継続。
これ、2025年以降は4Kになるって意味じゃなく、
2025年までは2Kが確定で、それ以降はどーなるか「未定」ってコトです。

そーなると現状で4Kを見るためには、
新しく4K対応アンテナを設置して4K専用の番組を視聴するか、
YouTubeやNetflixのネット動画配信を見るか… かと。

8Kまでになると映像は劇的に変わるけど、
実際に4Kまでで恩恵があるのは
境界線のぼやけが取れて「文字が読みやすい」程度なんだよね。。。
小さい画面で文字や読むことの多いスマホには最適だったけど。

しかも現状の地デジ放送では2K解像度をアップコンバートで
むりむり4K解像度に拡大してるだけだし…。

4Kテレビのソフトが追いついてない、
ハード独走の販促は3Dテレビを思い出すよ(笑)。

しかし、すでに2Kテレビはラインナップが少なく、
欲しい機能を選択していくと種類の豊富な4Kテレビになってしまう現実。。。

まだまだ4Kは要らないんだけどなぁ… 持ってるPS4もProじゃない方だし。
PS4の教訓を活かして、次のPS5はProが出るまで買わないと思うしね(笑)。

そんなこんなで購入したのは、
6月下旬に新モデルM530Xシリーズの登場で
値下がりした現モデルの東芝 REGZA M520Xです。
タイミング的には1番お得な時期だったかも♪♪

M520Xに決めた理由は
遅延時間 0.83msec なゲームモードの評判が良かったから♪
タイミングにシビアな格闘ゲームはあまりプレイしないんだけどね(笑)。
でも、ほら、スポーツゲームもタイミングが重要だし。

TVの使用率の90%がゲームなので(笑)。

amazonで商品情報を見る
REGZA M520X(43V型)REGZA M520X(43V型)東芝(発売日:2018年5月)

comments 0

コメントを残す

・メールアドレスは非公開です。
・htmlタグは使えません。
・nameとcomment( * )は必須です。