Titanfall 2のウォールラン(壁走り)に既視感を覚えたので、
その元ネタなミラーズエッジの新作「ミラーズエッジ:カタリスト」を
プレイしてみました〜♪

2008年にxbox360で発売された前作は
斬新な世界観にハマって実績全解除までヤリ込んだから、
今回も楽しみにしていたんだけどね…
これがなんとも言えない微妙な完成度でしたよ(涙)。

操作感は前作のミラーズエッジそのままなので、
そこは楽しめたのだけれど。。。

やはり問題は…
今回から導入されたオープンワールドと
スキル解放の仕組みがミラーズエッジには
見事なまでにミスマッチだったかと、はい(汗)。

サイドミッションを依頼されても、
序盤はスキルを解放しないとほぼ達成が無理っぽい時間設定。
なので主人公がスキル習得して成長するまでは無視し、
しばらくメインストーリーを進めていたら
もうマップの中は放置したサイドミッションのアイコンだらけ(苦笑)。

ほら、人って限度を超えると掃除しなくなるものです(笑)。

それでもなんとか気合を入れてミッションを受けてみたら、
ゴール地点がメインストーリーの目的地とは反対方向だったり(笑)。
走って出発地点に戻ってくるのが面倒なので
引き続き、中盤以降もサイドミッションをスルーです。。。

いや、オープンワールドなんだから、
ミッション達成後&中断したらスタート地点に戻る選択肢が欲しかった。

あと、シビアな時間制限に挑戦するため
何度もリトライするゲームデザインなのにロード時間が長いです(涙)。
これは心に地味なダメージを与えてきます。。。

そんなこんなで、
サクッとメインストーリーのみ進めて完了(苦笑)。
オープンワールドの仕組みでサイドミッションを無視すると
ゲームってこんなにも薄くなるんですね。。。
早くもこの時点でトロフィーの挑戦は諦めましたよ〜(笑)。

でも、まぁ、現在では安くなっているので、
価格的にメインストーリー部分ぐらいは楽しめるかも、です♪

さて、10年以上前に前作のミラーズエッジが発売されたとき、
ミラーズエッジは三部作って言っていたけど…
もし続編が出るのならVRとか楽しそうですよね♪♪

amazonで商品情報を見る
ミラーズエッジ カタリスト(PS4)ミラーズエッジ カタリスト(PS4)エレクトロニック・アーツ(発売日:2016年6月)
2019年 05月 31日(金)
game > PlayStation 4comments 0

comments 0

コメントを残す

・メールアドレスは非公開です。
・htmlタグは使えません。
・nameとcomment( * )は必須です。