PS3史上最高のシミュレーションRPGってやけに評価が高く
ずーっと気になっていたタイトル「戦場のヴァルキュリア」なんだけど、
2016年あたりにHDリマスターとしてPS4で発売され、
さらに2018年1月に新価格版として定価1,990円まで値下げされたので、
や〜っと購入してみました(笑)♪♪

水彩画っぽいアニメ調のようなグラフィックが特徴で、
まさに日本の作品っぽく一部の海外でウケそうな感じだけど、
ヘタにリアルな方向で中途半端になるよりは良かったですよ♪

日本のゲームCGってどれも妙にテカテカして新品な質感ばかりだし(笑)。
時間の経過を感じさせるサビとか汚れの風化した表現のセンスが
3DCGとなると絶望的ですもんね(汗)。。。

この「戦場のヴァルキュリア」って
シミュレーションRPGと言いながら戦闘はアクション操作になってます。
操作するユニットを決定したら、
FPSっぽく自分で走って撃って隠れて… って感じになります。
純粋なシミュレーションのように自動で戦ってくれません。

とは言っても…
銃を構えたら時間が止まり敵にじっくり照準を合わせられるし、
ターン制で時間制限もないからゆっくり動かせるしで、
本格的なFPSのように忙しくはないですよ(笑)。

シミュレーションとFPSをうまく融合した感じですね、これ。
ただ、それだけに純粋なシミュレーションやFPSを期待していたら
馴染めなくてガッカリする… 可能性はあります、はい(汗)。
ここが両極端に評価が分かれている原因かな…。

個人的には…
ほどよく頭を使って、ほどよくアクション操作して、
ゆる〜く最後まで飽きることなく楽しめましたよ〜♪

昔からSEGAってこの絶妙な感覚がうまいですね♪

amazonで商品情報を見る
戦場のヴァルキュリア Remaster(PS4)戦場のヴァルキュリア Remaster(PS4)SEGA(発売日:2018年1月)
2018年 07月 03日(火)
game > PlayStation 4comments 0

comments 0

コメントを残す

・メールアドレスは非公開です。
・htmlタグは使えません。
・nameとcomment( * )は必須です。