前に3作品セットのUNCHARTED COLLECTIONを購入していたけど、
同じシリースを続けてプレイすると飽きるかな〜って思い
1本目の「エル・ドラドの秘宝」を攻略後に保留していたので、
今回はアンチャーテッドの2作目「黄金刀と消えた船団」をプレイしてみました♪

1作目の「エル・ドラドの秘宝」は2007年発売で約10年前の作品だったけど、
2作目の「黄金刀と消えた船団」は2009年発売なので約8年前の作品ですね。
 

歴史上から忽然と姿を消したマルコ・ポーロの船団に隠された謎をきっかけに、
神秘の国「シャングリラ」の秘宝を追う。
舞台はヒマラヤ。究極の冒険が繰り広げられる。

いつも1周目は難易度ノーマルで何も考えずゲームを快適に楽しむのだけど、
トロフィーのコンプを狙う場合、難易度プロ・究極・タイムアタックと
最短でも3周はプレイを強要されるので(汗)
前作を教訓として今回は1周目から難易度プロで始めました(苦笑)。

いや、4周はさすがにキツイって(笑)。

んで、まぁ、クリアしてみた感想だけど、
1作目と違いバランス調整が進んでいたのか、自分が操作に慣れただけなのか
難易度プロでも絶望的に詰まるトコもなくクリアできましたよ〜♪
前作はリスタート直後に撃たれまくって蜂の巣になる鬼の仕様だったからね(苦笑)。
まだ操作性で作りが荒いトコも多々あったけど、
大幅に理不尽なストレスは軽減されていました!

ストーリーは前作同様によく分からず、
主人公が1番に謎を解き突破口を開いて先行しているはずなのに
行く先々に敵の兵が先回りしているってな不思議もあるけど(笑)、
ゲーム体験としてはなかなか楽しめましたよ〜♪

もう、説明を一言でいえば映画のインディ・ジョーンズ
アクションゲームにした… で全ての感想が終わるんだけどね(苦笑)。
あとは主人公ドレイクの軽口を受け入れられるか… ぐらい。
まぁ、映画でもピンチの時ほどの軽口やジョークはもはやパターンだし。。。

インディ・ジョーンズと言えば余談だけど、
2019年7月に映画で5作目が公開されるっぽいですね♪
74歳のハリソン・フォードはアクション大丈夫か(笑)?

アンチャーテッドだけど、インディ・ジョーンズの世界観が好きで
アクションゲームも好きならこのゲームは間違いなく傑作でしょう。
最後まで飽きることなくプレイできましたよ♪

ただ、最後はクロエだろ〜(笑)。
ルパン3世の峰不二子っぽいポジションを狙ったのかな〜。
シリーズもまだ3・4作目が残ってるので今後も登場するのか楽しみです。

さて、3本セットの2本目が終了。
1作目は10年前の作品にしては頑張ってるな… って感想から、
2作目は経験と調整が進んでクオリティが上がったなって評価です。

残りの1本でこのHDリマスターセットの総評がどー転ぶか…。

amazonで商品情報を見る
アンチャーテッド コレクション(PS4)アンチャーテッド コレクション(PS4)Sony Computer Entertainment(発売日:2015年10月)
アンチャーテッド4 海賊王と最後の秘宝(PS4)アンチャーテッド4 海賊王と最後の秘宝(PS4)Sony Computer Entertainment(発売日:2016年5月)
2017年 06月 26日(月)
game > PlayStation 4comments 0

comments 0

コメントを残す

・メールアドレスは非公開です。
・htmlタグは使えません。
・nameとcomment( * )は必須です。