前回、15inchのMacBook Pro Mid2010(MC371J/A)を頂いて、
バッテリー交換をどーしたものかと悩んでいたのだけれど、
結局はAppleの修理対応が終了していたので互換品の購入へ…。
んで、買ったのはWorldPlusの互換バッテリーってのを選んでみました♪

Apple ビンテージ製品とオブソリート製品

ちなみにMacBook Pro Mid2010に内臓されていた純正バッテリーは
モデル「A1321」の「10.95V/77.5Wh」でした。

純正に対して、購入したWorldPlusの互換バッテリーは
モデル「A1321対応」の「10.95V/73Wh」で少し容量が小さかったです。
新品状態の純正品だと駆動時間は最大7時間って話だけど、
WorldPlusの方は最大4.5時間程度って表記ですね…。

まぁ、それでもPSE法適合だし1年保証だし、
なにやらネットの評価も良さげだったのでコレを選択♪

修理対応が終わりメーカー品が望めないなら、
互換品でもより安心な商品を選びたいですもんね〜♪
バッテリーって粗悪品やリサイクル品なんかが、
さも純正新品を装い出回っているので商品選びが慎重になります(汗)。

さて、いよいよバッテリーの交換なんだけど、
ドライバーも精密+星型+Y型の3本が同封されていたので、
この商品以外に何も追加購入しなくて完結しましたよ!
実際は… 精密ドライバーは持っていて、星型ドライバーは使用場面がないので、
使ったのはY型ドライバーのみだったけど、別途購入しなくていいのは楽ですね♪
すでに3種類とも持ってる人には余分だろうけど。。。

交換作業もMacBook背面の10本のネジを精密ドライバーではずして、
バッテリーを固定している3本のネジをY型ドライバーで回すのみ。
基盤とバッテリーを繋いでるコネクターも1つだけなので簡単でした♪

しかし、ここで小さな罠が。。。
バッテリーは間違いなく認識しているはずなのに充電されない(汗)。
初めてのバッテリー搭載なMacBookなので、
経験も知識もなくちょい焦りましたよ〜(涙)。
結局はSMCをリセットしたら無事に充電を始めてくれました。

バッテリーを充電できない場合|Apple
MacのSMC(システム管理コントローラ)をリセットする|Apple

自力交換は保証の対象外になる… って言っても、
この2010年モデルは保証どころか修理対応すら終わってるので、
安く済む方法を自分で選ばないと、ですね♪

Apple Mac ノートブックのバッテリーサービス料金 – 日本

このMacBook Pro Mid2010は前の持ち主が
すでにSSDに換装していたのでパーツの交換はバッテリーのみ!
あとはOSをクリーンインストールしたりアプリを入れたりと、
ソフト面でのセッティングで出来上がりです♪

amazonで商品情報を見る
MacBook Pro Mid 2010(MC371J/A)A1321 対応バッテリーMacBook Pro Mid 2010(MC371J/A)A1321 対応バッテリーWorldPlus(発売日:2015年9月)
2017年 04月 05日(水)
apple > maccomments 0

comments 0

コメントを残す

・メールアドレスは非公開です。
・htmlタグは使えません。
・nameとcomment( * )は必須です。