PS3の代表作的な評価のアンチャーテッド シリーズだけど、
PS3で発売されていた3作品がHDリマスターになって
UNCHARTED COLLECTIONとしてセット販売していたので購入しました〜♪

いや〜、PS3本体を未購入だったので、
過去作品のHDリマスターってありがたい商法ですね。
気にはなっていたけどスルーしていたタイトルがPS4で遊べちゃう♪

ただ、HDリマスター商法も乱発気味なので(汗)、
もし当時、仮にPS3本体を買っていたのなら、
また焼き直しか… とガッカリする状況、かも。。。

つーことは次に買うPS本体は1つ飛ばしのPS6で良いかも。
PS6の時にはPS5のタイトルがリマスターで出るだろうし(苦笑)。

さて、そろそろ本題の話(笑)。
アンチャーテッドの1作目なエル・ドラドの秘宝をプレイ♪
 

伝説的な冒険家フランシス・ドレイク卿の子孫を自称する
若きトレジャーハンター「ネイサン・ドレイク」と相棒の「ビクター・サリバン」
ミステリー番組「アンチャーテッド」のキャスター「エレナ・フィッシャー」。
3人はドレイク卿の棺を発見し、伝説の秘宝が眠るという幻の黄金郷エル・ドラドへ導かれていく。
だが、その行く手には、想像を絶する陰謀と危険な冒険が待ち受けていた…。

このエル・ドラドの秘宝は2007年に発売だから約10年前の作品。
PS2からの進化でコレを見せられた当時なら驚いただろうけど…
残念ながら今となってはグラフィックもキャラも演出も
古臭いというか、荒いというか、なんともチープでした(汗)。

特に同じ開発スタジオ(Naughty Dog)で同じHDリマスターの
The Last of Usのプレイ体験が素晴らしく優秀だったので、
期待が高くなっていたぶんの落差が…。

かと言って駄作ってワケでもないんだけどね〜。
う〜ん、なんて言うか良くも悪くも凡作で普通って感じ(笑)。

物語や演出に引き込まれるような魅力はなく、
登場キャラのB級なノリは寒さすら感じるんだけど(笑)、
別にプレイしてて最後まで飽きるってこともなかったですよ…。

まぁ、飽きる前に終わるんだけどね(苦笑)。
トロフィーに「2時間30分以内でクリア」ってのがあるぐらいで、
ボリュームとしてはかなりアッサリ気味です、はい。
特に後半はチャプターの区切りが短い短い(笑)。

あと、荒い作りといえば主人公の謎なジャンプ力!
絶対に届きそうな場所なのに下へ落ちたり、
それより遠い距離でも正解ルートなら驚異のノビをみせたりと。
横には超人的に飛ぶのに、垂直跳びは絶望的(苦笑)。

それでも…
ゲームデザインとしては最後まで楽しめたので、
評価するのが非常に困るタイトルでした(笑)。

まぁ、まだ3本セットの1本目!
あくまでUNCHARTED COLLECTIONは3本セットのパッケージなので、
残りの2本が満足できれば評価が逆転する可能性もね。

amazonで商品情報を見る
アンチャーテッド コレクション(PS4)アンチャーテッド コレクション(PS4)Sony Computer Entertainment(発売日:2015年10月)
アンチャーテッド4 海賊王と最後の秘宝(PS4)アンチャーテッド4 海賊王と最後の秘宝(PS4)Sony Computer Entertainment(発売日:2016年5月)
2017年 03月 02日(木)
game > PlayStation 4comments 0

comments 0

コメントを残す

・メールアドレスは非公開です。
・htmlタグは使えません。
・nameとcomment( * )は必須です。