先日、xbox360での最後の1本をプレイし終えて、
個人的な第7世代のゲームがとうとう終了しました。

いや、まだまだxbox360でソフトが出続けるなら終了せず続行なんだけどね(笑)。
ちなみに世代の代表的な本体はこんな感じ、だそうです。

第1世代:オデッセイ・ポン・ブレイクアウト …など
第2世代:Atari・カセットビジョン
第3世代:ファミコン・セガ マークIII
第4世代:スーパーファミコン・メガドライブ・PCエンジン
第5世代:PlayStation・セガサターン・NINTENDO64
第6世代:PlayStation 2・ドリームキャスト・ゲームキューブ
第7世代:PlayStation 3・Xbox 360・Wii
第8世代:PlayStation 4・Xbox One・Wii U

第7世代を表現すると「ネット対戦・DLC・実績(トロフィー)」かな?
特にネットの充実が本当に良かったのか?、と、
第7世代が終わってみて、いろいろ感じるトコがありますね〜。

個人的にダメだと思った部分は…

バグ修正のアップデートが終わった頃に買おうと思い、
やがてDLCのバラ売りな情報が出て、それなら全部入りの完全版まで待ってみる。
んで、完全版が出る頃には忘れる、もしくは完全版が出ないで気持ちが冷め、
結局はなんとなく買わないパターンが増えました、自分の場合(汗)。

マルチプレイやCo-opなどの新しい体験を定着させた良い面もあるのだけど、
そもそも最初のソフトを購入するトコで悪い影響が大きい… ような(汗)。
ソフトに対しての安心感がなくなってる気がしなくもない。

あと、そもそもマルチをプレイする予定のないゲームは、
そのソフトの半分は無駄なデータ(コンテンツ)って印象で、
価格が半額程度にならないと損をした気分になる(苦笑)。
過疎ってプレイが困難な場合もあるしね〜。

次世代のPS4やxbox oneもグラフィックが綺麗になっただけで、
その他の状況は第7世代と同じ「ネット対戦・DLC・実績」が
やっぱりキーワードっぽいし、オフ専としては不安だなぁ〜。

ただ、今後(今年?)はドラクエ11やFF15なんかの
定番中の定番が出てくるので据置機も活性化して欲しいです♪
結局はソフトが牽引するしかないしね。

んで、ここまでxbox360を遊び倒してきたのに、
次はあっさりPS4を購入予定でいます♪♪

amazonで商品情報を見る
PlayStation4 ジェット・ブラック(HDD 500GB)PlayStation4 ジェット・ブラック(HDD 500GB)ソニー・コンピュータエンタテインメント(発売日:2015年6月)
PlayStation4 グレイシャー・ホワイト(HDD 500GB)PlayStation4 グレイシャー・ホワイト(HDD 500GB)ソニー・コンピュータエンタテインメント(発売日:2015年6月)
PlayStation4 ジェット・ブラック(HDD 1TB)PlayStation4 ジェット・ブラック(HDD 1TB)ソニー・コンピュータエンタテインメント(発売日:2015年12月)
Xbox One(Elite)Xbox One(Elite)日本マイクロソフト(発売日:2015年11月)

comments 0

コメントを残す

・メールアドレスは非公開です。
・htmlタグは使えません。
・nameとcomment( * )は必須です。