Parallels Desktopで使用するOSのイメージファイル(pvm)は
通常、ユーザー以下の書類フォルダの中に作成されるのだけれど…
いろいろなOSを試そうとしてイメージファイルが増えれば
当然ながらHDDの容量を圧迫してしまう(汗)。

OSのpvmファイルは1つ20GB近くあるし…。

そこで旧型のMacProは4台までHDDを内蔵できるから
その1つをイメージファイル用のHDDってコトにして
その中にポコポコと入れていたのだけれど… 起動や反応が劇的に遅い(涙)。

内蔵といえどHDDを別にしたら
書類フォルダの中にpvmを置いた時より格段に遅くなりました…。

つーことで、Parallelsのpvmファイル用のHDDを
Crucial MX200のSSDに換装してみましたー♪

起動ディスクは既にSSDに換装済みだから、
MacProの4つのHDDベイの内、これで半分の2つがSSD化♪
もはや8年前の旧型MacPro(2008)でもまだまだ戦えます(笑)。

さて、SSDに入れたParallelsのイメージファイルだけど、
やはり期待どおり、起動速度に強いSSDなだけに
驚くほどの速さでゲストOSのWindowsが立ち上がりましたよー!
ビックリするぐらいの速さに「早く換装しておけば良かった」と
思えるほどの体感速度の違いです、はい。

ParallelsってOSの上でOSを起動している負荷の大きな処理なだけに、
SSDへの換装で恩恵のある数あるソフトの中でも
かなりトップクラスの効果が期待できるジャンルじゃないかな。

amazonで商品情報を見る
Parallels Desktop 11 for Mac(Retail Box)Parallels Desktop 11 for Mac(Retail Box)Parallels(発売日:2015年8月)
Parallels Desktop 11 for Mac(Retail Box USB)Parallels Desktop 11 for Mac(Retail Box USB)Parallels(発売日:2015年9月)
MX200 250GB 2.5インチ(CT250MX200SSD1)MX200 250GB 2.5インチ(CT250MX200SSD1)Crucial(発売日:2015年1月)
Green 6TB 3.5inch 内蔵HDD(WD60EZRX)Green 6TB 3.5inch 内蔵HDD(WD60EZRX)Western Digital(発売日:2014年7月)
Archive HDDシリーズ 8TB 3.5inch(ST8000AS0002)Archive HDDシリーズ 8TB 3.5inch(ST8000AS0002)Seagate(発売日:2015年1月)
2015年 09月 09日(水)
apple > maccomments 0

comments 0

コメントを残す

・メールアドレスは非公開です。
・htmlタグは使えません。
・nameとcomment( * )は必須です。