所持しているMacPro・iMac・Mac miniの
MacOS 10.10へアップグレードも一段落したので総括的に気になった点を…。

Yosemiteの問題点
・iCloud Driveは便利なんだけど同期が驚くほど遅い… ときがある。
・なぜか「どこでもMyMac」が接続できない。
・Time Machineで起動ディスクのHDD(SSD)のバックアップは
 驚異的に早くなったのに、USBやLANで接続している外付けHDDまで
 バックアップの対象にすると驚くほど激遅になりました。
・微妙だけどプレビューやQuickTimeが重くなりましたね。
 特に1番低スペックのiMacではQuickTimeのスライダーでラグが発生。

Yosemiteはネットワークに関係する機能がイマイチ弱くて不安定です。
OSを入れてるHDD内で完結するコトなら問題も少ないけど、そーもいかなし(汗)。

新機能のHandoffやAirDropなんかで
Wi-FiやBluetoothをアレコレ使い倒しているからなのかなぁ…。
複雑になりすぎて収拾がつかなくなったイメージ(汗)。

ちなみに、持ってるMacがことごとく対応していないので
Handoffは未体験のまま(苦笑)。

ただ…
MacOS 10.8 MT Lion よりは挙動も安定してサクサクになったし、
アイコン(一部を除いて)もUIデザインもスッキリとシンプルになり
全体的にガチャガチャ感がなくなってくれて良い感じに好みとなりましたよー♪

Handoffの利用を考えていないのなら、
今のトコはYosemiteのフラットデザインのみが
アップグレードの価値がある… って感じかな。
ネットワーク関係でのんびり修正のリリースを待てるなら(苦笑)。

まぁ、今回はYosemiteというよりも
HDDをSSDに換装したり、メールをPOPからIMAPに切り替えたり、
ATOKからOS純正の日本語IMに移行もしたし、
エクセルやワードの書類もPagesNumbersで作成したりと
OS以外のトコで安く安く安くシンプルな方向へ変更を試みたので、
個人的に大きく使用感は変わったのだけれどね♪

ちなみに、
MacPro(2008)+ MacOS 10.10 Yosemite の組み合わせで…

・HL-5070DN(レーザープリンタ)
・PX-G920(インクジェット)
・GT-X750(スキャナ)
・TEPRA SR3700P(テプラ)
・Aria Extreme N(Wi-Fi)
・USB 3.0 拡張カード(PCI Express)

このへんの周辺機器は問題なく動作していまーす。

改めて見てみると本体も周辺機器も
それなりに古くなってきたな〜(苦笑)。

amazonで商品情報を見る
MX200 2.5inch 内蔵SSDMX200 2.5inch 内蔵SSDCrucial(発売日:2015年1月)
BX100 2.5inch 内蔵SSDBX100 2.5inch 内蔵SSDCrucial(発売日:2015年1月)
MX100 2.5inch 内蔵SSDMX100 2.5inch 内蔵SSDCrucial(発売日:2014年6月)
Green 6TB 3.5inch 内蔵HDD(WD60EZRX)Green 6TB 3.5inch 内蔵HDD(WD60EZRX)Western Digital(発売日:2014年7月)
Archive HDDシリーズ 8TB 3.5inch(ST8000AS0002)Archive HDDシリーズ 8TB 3.5inch(ST8000AS0002)Seagate(発売日:2015年1月)
2015年 07月 09日(木)
apple > maccomments 0

comments 0

コメントを残す

・メールアドレスは非公開です。
・htmlタグは使えません。
・nameとcomment( * )は必須です。