去年のWWDC 2014と同じく
今年のWWDC 2015も期待や噂された製品の発表はなく、
まさにDevelopers Conferenceとなりましたね~。
今後も6月のWWDCに関してはこの路線で行く感じですね、Appleは。

さて、発表されたのは大きく4つ。

MacOS 10.11 El Capitan
・Spotlight検索が自然言語検索に対応。
・Mailがスワイプでの削除や開封に対応。
・Safariにピン留め機能が追加。
・写真のプラグインをサードパーティに解放。
・Finderが左右分割ウインドウの「Split View」を搭載。
・Mission Controlを改良。
・グラフィックスAPI「Metal」を搭載。
・日本語IMがライブ変換やフォント追加で強化。
・クレー
・筑紫A丸ゴシック
・筑紫B丸ゴシック
・游明朝体+36ポかな
・ヒラギノ角ゴシックにウェイトを追加。
・パフォーマンスを強化。
・アプリケーションの起動速度が最大1.4倍。
・アプリケーションの切り替えが最大2倍。
・最初のEメール表示速度が最大2倍。
・PDFプレビュー時の速度が最大4倍。

追加された機能はメジャーアップデートの新OSと宣伝するには
どれも小粒感が否めないものばかりでしたね〜(汗)。

今回はパフォーマンス強化が1番の注目機能って感じで、
安定版として人気の高かったSnow Leopardの位置付けかな?
無料になってからの最近のOSはバグや不安定感で評価が下がっていただけに、
そこをもっとフォーカスして欲しかった、かも。

iOS 9(英語サイト)
・Siriに行動を予測するアシスタント機能を追加。
・Spotlight検索を強化。
・Passbookを「Wallet」に変更してポイントカードにも対応。
・メモがチェックリストや添付に対応し「Notes」へ変更。
・マップに乗り換え案内を追加。
・自分好みのフィードを作成可能な「News」アプリを追加。
・キーボードの操作性を改善。
・省電力モードを搭載。
・iPadに画面分割表示の「Slide Over」と「Split View」を追加。
・プログラミング言語「Swift 2」をオープンソース化。

やっぱりiPadに画面分割表示の「Slide Over」と「Split View」が
ついに搭載されたってのが1番の発表でしたね~♪
iPadでのユーザー体験を大きく変える機能だけにリリースが楽しみです♪

あとは、Passbookを「Wallet」に変更してポイントカードに対応したってのは
かなり期待する機能なんだけど… Apple Payとの連動なら日本じゃ使えない機能なのかな?
財布の中がカード満載な状態なのでポイント以外に会員カードとかも含めて
iPhoneで会員・ポイント・決済まで完結できたら本当に便利なんだけどね〜。

watch OS 2
・新しいフェイスを追加。
・表示を横向きにする「ナイトスタンドモード」を追加。
・独自のコンプリケーションが作成可能。
・次の予定などを確認できる「タイムトラベル」機能を追加。
・FaceTimeオーディオをサポート
・アプリのネイティブ動作が可能に。

う〜ん、Apple Watchに関しては購入予定がないので、
あまりピンとくる情報が個人的には無かったです、はい(汗)。

Apple Music
・Apple Musicライブラリの曲を制限なく聴く「マイミュージック」機能。
・インターネットラジオ「Beats 1」を配信。
・アーティストが投稿できる「Connect」機能。

噂されていた音楽のストリーミング配信が発表されましたねー♪
日本のレーベルやアーティストがどれだけ参加するか不明だけど、
Apple Musicが普及すればiTunes以来の変革ですね、音楽の環境にとって。

Apple Music メンバーシップ

ただ、この方式だと音楽をアルバム単位で聞かなくなり、
自分のライブラリがシングル曲ばかりで埋まりそうな予感です(汗)。

意外とアルバムの中のシングルになってない曲の方が、
ファンの支持が高かったりするんだよね…。

amazonで商品情報を見る
amazon iPhoneストアamazon iPhoneストアamazon
2015年 06月 11日(木)
apple > memocomments 0

comments 0

コメントを残す

・メールアドレスは非公開です。
・htmlタグは使えません。
・nameとcomment( * )は必須です。