MacPro(2008)にSSDを換装して
速度UPの快適環境になったのはいいのだけれど、
まだSSDを使い始めたばかりだからか…
空き容量(使用状況)が気になってしかたがない(笑)。

まぁ、そのうちすっかり慣れて
乱雑に扱うときが来るんだろうけどね〜(苦笑)。
今はまだ何か高級品を扱うような丁寧さです(笑)。

さて、そこで、SSDの容量を圧迫している
iPhone(32GB) + iPad(128GB)のバックアップを
外付けHDDに移動することにしました〜♪

合計するとMAXで160GBにもなるもんね(汗)。
バックアップが圧縮されているのかどーか分かんないけど、
現時点2つの合計で58GBも圧迫しているし…。

んで、バックアップを外付けHDDに移動するには
「シンボリックリンク」ってUNIXのコマンドをターミナルから使うらしんだけど、
ターミナルがいまいち苦手なので「SymbolicLinker」って
シンボリックリンクを生成してくれる便利アプリを迷わず導入(笑)。

ダウンロードした「SymbolicLinker」の中の「SymbolicLinker.service」を
アプリケーションの中に入れるだけでインストール完了です♪
これでコンテキストメニュー(右クリック)の中に
シンボリックリンクを生成するメニューが追加されま〜す!

あとはバックアップの移行作業なんだけど…

01. ライブラリ(option + 移動)の中の「MobileSync」を見つける。
/Library/Application Support/MobileSync02. MobileSyncを外付けHDDにコピーする。
03. コピーした外付けHDDのMobileSyncを右クリックしてシンボリックリンクを生成。
ここで便利アプリ「SymbolicLinker」が活躍♪04. 生成されたシンボリックリンクのフォルダ(MobileSync symlink)を元の位置に戻す。
「元の位置」とはオリジナルのMobileSyncがあった場所です。
/Library/Application Support/MobileSync
※現在はApplication Support内に…
「MobileSync(オリジナル)」と「MobileSync symlink」が並んでる状態。
05. オリジナルのMobileSyncをゴミ箱へ削除。
06. 戻した「MobileSync symlink」を「MobileSync」にリネーム。
07. もし外付けHDDに「MobileSync symlink」が残っていたらそれも削除。
04で元の位置に戻したときコピーになったら残ってる場合もあるので…。

これで次回のバックアプからは
MobileSync(シンボリックリンク)を通して外付けのMobileSyncへ
データが自動で流れるようになり、SSDの圧迫をかなり軽減してくれますよー!

エイリアスとシンボリックリンクを駆使すれば
いろいろなコトが出来そうな予感がしますね〜♪

まぁ… 便利だからといって
あんまりやりすぎるとワケが分からなくなりそうだけど(苦笑)。

amazonで商品情報を見る
MX200 2.5inch 内蔵SSDMX200 2.5inch 内蔵SSDCrucial(発売日:2015年1月)
BX100 2.5inch 内蔵SSDBX100 2.5inch 内蔵SSDCrucial(発売日:2015年1月)
MX100 2.5inch 内蔵SSDMX100 2.5inch 内蔵SSDCrucial(発売日:2014年6月)
Green 6TB 3.5inch 内蔵HDD(WD60EZRX)Green 6TB 3.5inch 内蔵HDD(WD60EZRX)Western Digital(発売日:2014年7月)
Archive HDDシリーズ 8TB 3.5inch(ST8000AS0002)Archive HDDシリーズ 8TB 3.5inch(ST8000AS0002)Seagate(発売日:2015年1月)
2015年 05月 07日(木)
apple > maccomments 0

comments 0

コメントを残す

・メールアドレスは非公開です。
・htmlタグは使えません。
・nameとcomment( * )は必須です。