iPhoneとMacを使ってるとAppleのiPhotoは本当に便利なアプリ♪
iCloudのフォトストリームはもはや手放せない機能… なんだけど、
唯一の難点はiPhoto Libraryが異常に肥大化するってコトなんだよね〜。

環境設定の「項目をiPhotoライブラリにコピー」のチェックを外しても、
フォトストリーム経由の写真はライブラリにコピーされるっぽいので、
写真をフォルダで管理してもiPhoto Libraryはどんどん大きくなってく(涙)。

まぁ、フォトストリーム経由で読み込んだ時点ではHDD内に写真がないのだから、
当然の仕様と言えばそうなんだろうけどね〜。
iPhotoの肥大化を止めるために、なにか良い感じの運用法を見つけないと(汗)。

つーことで、iPhotoやフォトストリームは定期的にリセットする方向で、
ビューワーにGoogleのPicasaってソフトを試してみましたー!

Picasaはデータベース内に写真を取り込むコトもなくて、
写真をまとめてるフォルダを指定しビューワーとして使う感じのタイプ。
インストール後はHDD内の画像を全てスキャンしようとするけど、
ツール内の「フォルダマネージャ」で任意のフォルダだけってのが選べます。

しかも便利なのが、常時スキャンってフォルダに変更があったら
監視して自動で更新してくれる機能はなかなか良い感じですよー♪
大量の写真を読み込んでも動作は軽いので、
フォトストリームを重要視しないのなら完全にiPhotoの対抗馬です。

ただ、イベント単位の一覧はiPhotoの方が見やすいってのと、
ソフト自体の背景が白ベースなので、これも黒ベースのiPhotoの方が見やすい。

簡単にまとめると…

Picasaの良いトコ
・大量の写真の場合でもiPhotoより動作が軽い。
・ビューワー仕様なのでiPhotoよりもライブラリの容量が肥大化しない。
・完全に自分で写真のフォルダ管理ができる。
・常時スキャンで読み込みの手間が省略化。

Picasaの悪いトコ
・イベント単位の一覧が小さなツリーしかない。
・白ベースなので写真がしまって見えない。
・フォトストリーム的なコトをするにはGoogle+のアカウントが必要。

ちなみに使い方は写真の閲覧のみで、
両方ともエフェクトなんかの加工は無視です。

iPhoneとMacを使う以上、フォトストリームは便利だし、
今のところiPhotoPicasaは用途を考えてうまく併用していくのが
1番の解決策って感じかな… とりあえずは。

んが、まだiPhoneはiOS7で止めているので、
iOS8からのiCloudフォトライブラリを体験していないし、
今年前半にリリース予定なMacの写真管理ソフト「Photos」が運用開始になったら
また自分にあった環境を再思考することに… なるんだろうなぁ〜(汗)。

amazonで商品情報を見る
内蔵HDD Green 6TB 3.5inch(WD60EZRX)内蔵HDD Green 6TB 3.5inch(WD60EZRX)Western Digital(発売日:2014年7月)
内蔵HDD Red 6TB 3.5inch(WD60EFRX)内蔵HDD Red 6TB 3.5inch(WD60EFRX)Western Digital(発売日:2014年7月)
2015年 01月 27日(火)
apple > maccomments 0

comments 0

コメントを残す

・メールアドレスは非公開です。
・htmlタグは使えません。
・nameとcomment( * )は必須です。