使いモノにならなくなったSYS Activityの代わりに
システム監視アプリなSySightってのをインストールした話しの続き…。

SySightでメモリ解放するためにはカスタムURLスキームが必要で、
Safariで毎回URLを打ち込むのもメンドーだし、
ブックマークから起動ってのもスムーズじゃないから、
URLスキームのランチャーアプリを探していたのだけれど…。

良い感じのSwipemintってランチャーアプリを発見♪

使い方は単純明快!
上下左右にそれぞれ名前とURLスキームを登録して、
あとはアプリ画面で中央から上とか下とかにスワイプすれば
登録していたURLスキームが実行されるって仕組み。

数回使っていればスワイプの方向と登録したモノを感覚で、
画面を確認しなくても指が動くので一連の流れが速い速い♪

欠点は上下左右の4つまでしか登録できないってトコだけど、
逆にそこまで削った潔さが格段に使い勝手を良くしてる長所でもあり。
利用目的がドンピシャにハマれば最強アプリかも。

後は… いろいろ機能を増やして複雑になるよりも、
色違い(別なアイコン)で複数のSwipemintをiPhoneに設置できたら
使い方の幅が広がりそうだけどね… iOS的に無理っぽい臭いが(笑)。

まぁ、とりあえず
SySight + Swipemintの組み合わせは便利すぎるので、
メモリ解放はしばらくコレで落ち着きそうな予感です、はい♪

amazonで商品情報を見る
Air Jacket set for iPhone シリーズAir Jacket set for iPhone シリーズパワーサポート(発売日:2014年9月)
2014年 12月 11日(木)
apple > iPhonecomments 0

comments 0

コメントを残す

・メールアドレスは非公開です。
・htmlタグは使えません。
・nameとcomment( * )は必須です。