今までiPhoneのメモリ解放はSYS Activityってのを使っていたのだけれど、
バージョン5.0になってから怪しい感じになってきた(汗)。

具体的には…
搭載メモリ(RAM)が975MBなのに確保中が3900MBと表示されたり、
肝心のメモリ解放が不可能(ボタンが無くなった)になったりと。
なんか… 開発途中のモノって感じがするよ(涙)。

つーことで、ダメになったモノはサクっと忘れて(苦笑)、
前々から評判が良さそうで気になっていた
SySightってメモリ解放アプリを入れてみました〜♪

このアプリはシステム監視アプリで、
メモリ解放にはカスタムURLスキームってのを使って実行します。
URLスキームってのはブラウザで言うトコの「http://」の部分ですね。

んで、とりあえずSySightで使用頻度が高そうなのが…

SySightを起動
sysight://

SySightでメモリ解放
sysight://free

SySightでメモリ解放(SySight本体も終了)
sysight://allkill

ミュージック以外のメモリを開放(音楽を再生中など)
sysight://free?music=YSS

例えばSySightをインストールした状態で、
SafariのURLに直接「sysight://」って打ち込めば、
SySightが起動するって仕組みのようです。

その他、SySightのURLスキームや更新情報などのサポートHPは…
SySight Support

なかなかSySightはシンプルで良い感じなので
しばらくメモリ解放はこのアプリを使ってみようかな♪

あとは毎回SafariのURLに打ち込むのはメンドーだし、
ブックマークに登録しておく… ってのもスムーズじゃないので、
ここはURLスキームに対応したランチャーアプリが欲しいトコですね〜。

ぼちぼち探してみようかな。

amazonで商品情報を見る
Air Jacket set for iPhone シリーズAir Jacket set for iPhone シリーズパワーサポート(発売日:2014年9月)
2014年 11月 27日(木)
apple > iPhonecomments 0

comments 0

コメントを残す

・メールアドレスは非公開です。
・htmlタグは使えません。
・nameとcomment( * )は必須です。