すーっかり遠ざかっていたxbox360を半年ぶりに起動して、
久々にゲームをプレイしてみました〜♪
購入したのは「Splinter Cell:Blacklist」ってステルスゲーム。

このシリーズは前作の「Splinter Cell:Conviction」でハマって、
プラチナコレクションで発売されたら買い… とか思ってたんだけど、
どーにもこーにも発売される気配が無い(汗)。

PS3の方ではとうの8月にUBI the BESTで発売されているのに、
xbox360のプラチナでは何の音沙汰もないまま11月へ(涙)。
もーこれは出ないと諦めての通常版を購入です…。

ってか、もうプラチナコレクションは終了したのかな?
最後に出たタイトルが今年の3月だし…。
さすがに次のxbox oneが出たからxbox360に注目を集める必要もないしね〜。
う〜ん、プラチナ化を待ってるソフトがいくつかあったのになぁ(涙)。

DLCや修正パッチや完全版なんかで
すっかり発売日に買わない人になってしまいました(苦笑)。

さて、話しを戻して、久々のTVでやるゲームな
Splinter Cell:Blacklistだけど、
やっぱりステルスゲームの緊張感はクセになりますね!

テロリストの奇襲により、アメリカ空軍基地に甚大な被害がもたらされた。
そして、基地襲撃映像とともに犯行声明が全世界に公表される。
「エンジニア」と名乗るテロリスト集団が、アメリカ合衆国に対し、
世界各国に駐留するアメリカ軍の即時撤退を要求。
それが行われない場合は、「ブラックリスト」という
アメリカ全土に向けた大規模テロを実行すると予告した。 
 
事態を重く見たアメリカ合衆国大統領は、対抗措置として
「フォースエシュロン」を組織。
リーダーに「サム・フィッシャー」を任命し「ブラックリスト」の阻止を命じる。
ステルス航空機「パラディン」を拠点とし、サムはフォースエシュロンのメンバーとともに
「ブラックリスト」を阻止すべく、行動を開始する。

今作のSplinter Cell:Blacklistは…
敵に見つかることなく、殺しもしないで潜入するゴースト。
敵に見つかることなく近づき葬り去るパンサー。
敵と正面から打ち合って先に進むアサルト。
ってな3つのプレイスタイルが用意されているのが特長かな。

4Eミッションって言われるサブのミッションがあったり、
装備のカスタマイズって要素があったり、
もちろん、実績につながるチャレンジもあるので、
これは長く遊べそうなタイトルになる予感ですよー♪

んで、まだまだ序盤なんだけど少し思ったのが、
ステルスゲームって画面が綺麗になってリアル度が増せば増すほど
敵が発見しづらかったりしません?

画面内が細部までリアルに書き込まれるから単純に目に入る情報量が増えて、
どーにも動いてない敵に注意がいかず見落として… マヌケな死に方をする(苦笑)。

ステルスゲームに限らずFPSなんかの3D視点では、
昔の方が索敵ってもっと楽だったような… 気がするんだけど(汗)。
勘違いかな??

そんなコトを思いながら、
今作から登場した軍用犬の対処法が分からず、
犬に追いかけ回されながらプレイしています(笑)。

amazonで商品情報を見る
スプリンターセル:ブラックリスト(xbox360)スプリンターセル:ブラックリスト(xbox360)ユービーアイ ソフト(発売日:2013年9月)
スプリンターセル:ブラックリスト(PS3)スプリンターセル:ブラックリスト(PS3)ユービーアイ ソフト(発売日:2014年8月)
2014年 11月 11日(火)
game > xbox360comments 0

comments 0

コメントを残す

・メールアドレスは非公開です。
・htmlタグは使えません。
・nameとcomment( * )は必須です。