Apple Special Event September 2014の発表会も終わり、
改めてiPhone 6とiPhone 6 Plusを考えてみた…。

まぁ、なんと言っても画面サイズが大きくなったコトが1番でしょう。

iPhone 5sの4インチ(1,136 x 640)で
(高123.8mm x 幅58.6mm x 厚7.6mm・重量112g)だったのが、
iPhone 6の4.7インチ(1,334 x 750)で
(高138.1mm x 幅67.0mm x 厚6.9mm・重量129g)となり、
iPhone 6 Plusの5.5インチ(1,920 x 1,080)で
(高158.1mm x 幅77.8mm x 厚7.1mm・重量172g)に変更。

大きくなって重くなったのはヤメテ欲しかった。
側面の丸みもiPhone 5やiPhone 4の直角の方が好みだったし、
背面のラインもオシャレとは思わない…(汗)。
個人的にプロダクトデザインとしては残念な変更です、今回は(涙)。

あとはCPUが早くなったりバッテリーが良くなったりと、
順当な各部品のブラッシュアップって感じです…。

iPhoneモデルを比較する
iPhone6 技術仕様

んが、決済機能のApple PayはiPhone 6以降のNFCを搭載した
本体でのみ可能なモノだから、そこは大きな魅力ですね〜。
ただ、まだアメリカ国内からのサービススタートであり、
日本で普及するのは1〜3年後と思うと… 魅力半減なんだけどね…(汗)。
って、まぁ、スタートを切らないと始まらないので今後が楽しみな機能です。

そーなると本当の魅力はiPhone 6じゃなくiOS8なんですよね♪
iOS8がiPhone 5s以前でもサクサク動くのであれば、
買い換えないでiPhone 5sのままの方が良いようにさえ思える。

まぁ、大きな画面を待ち望んでいたのなら別だけど…。
もしくはiOS8の機能がiPhone 5s以前の本体では機能制限されて、
いろいろ使えないコトが多いようならば… 考えるって感じかも、です。

もはやiPhone 4sぐらいで完成されたモノだし、
本体だけに魅力を求める時期はとっくに過ぎたってコトなのかな…?。

例年どおりなら来年は外観のデザインはそのままで、
中身の部品をバージョンUPしたiPhone 6s(仮)って予想だから、
早くも2年後のiPhone 7に期待(笑)♪
その頃には日本でもApple Payが浸透しているのを期待できる… かもだしね。

ってか、高い買い物なんで、
そんぐらいのペースでも早いぐらいだよ(汗)。

amazonで商品情報を見る
amazon iPhoneストアamazon iPhoneストアamazon
2014年 09月 15日(月)
apple > memocomments 0

comments 0

コメントを残す

・メールアドレスは非公開です。
・htmlタグは使えません。
・nameとcomment( * )は必須です。