いよいよFIFAワールドカップもベスト8の準々決勝♪
トーナメント1回戦は全て予選グループ1位通過の国が勝ち上がりました。
最終的には強いトコが勝つ… と、結果だけを見ればそう思うけど、
いやいや、その内容はギリギリの接戦でしたね〜!。

1回戦の8試合中で5試合が延長戦に入り、
更にその内の2試合はPK戦までもつれ込む内容だったし。
さすがに32チームから勝ち上がってきた国だけに、
ココまでくるともう、どこの国もレベルが高く強い強い♪

さて、1回戦の特長として…
不思議なぐらい延長に入ると、試合が異常に激化してましたね〜。
猛攻に捨て身の守備、足の痙攣に負傷交代… モロに嘔吐してたし(汗)。
意地というか執念というか、まさに必死という言葉以外にない感じ。
その限界を超えたかのような全力を延長に入る前の90分で出してれば…
とか思うのは、夜中や朝方に見てるこっちの都合ですね(苦笑)。

んで、1回戦の中でも…
ドイツ vs アルジェリア はちょっと感動するぐらいな試合でした。
ドイツを応援しているのだけれど、もー、最後の方は
アルジェリアも頑張れっ!とか、ちょっと思いましたもん。

DFは体力の限界をとっくに超えている中でドイツの猛攻に耐え、
それでも得点しようと、両足が痙攣して悲痛のFWも必死に走る…。
もう極限のギリギリってトコで戦ってましたよ、アルジェリアは。

逆に言えばドイツのフィジカルの強さはさすがってコトだけど。
延長に入った5試合 10チームの中で1番、延長戦を動けてた気がします。
暑さと連戦の中ではこのフィジカルは強い武器ですよ〜。
オランダ vs メキシコで給水タイムってのを初めて見たし…。

そのオランダも良かったですね♪
時間帯や点差でフォーメンション・戦術・ポジションをどんどん変え、
それを戸惑うこと無くこなしていく選手のレベルの高さ。
オランダの監督が言うリアクションサッカーは見ていて楽しかった♪

オランダが優勝すればトータルフットボールの革命に続いて、
リアクションサッカーが2度目の革命を起こすかも…。

今のところドイツ vs アルジェリアの対戦カードが
個人的に今大会のベストマッチ候補筆頭です♪

まぁ、準々決勝から3位決定戦を含め残り8試合で、
ドイツ vs アルジェリアを超える試合が出てくるのを期待してるんだけどね〜♪
ここからはどっちが勝っても不思議じゃない好カードの連続だし。

amazonで商品情報を見る
adidas ワールドカップ公式試合球(5号球)adidas ワールドカップ公式試合球(5号球)molten(発売日:2013年12月)
週刊サッカーダイジェスト増刊 ブラジルW杯完全選手名鑑(書籍)週刊サッカーダイジェスト増刊 ブラジルW杯完全選手名鑑(書籍)日本スポーツ企画出版社(発売日:2014年6月)
One Love, Onerhythm(W杯ブラジル大会 FIFA 公式アルバム)(CD)One Love, Onerhythm(W杯ブラジル大会 FIFA 公式アルバム)(CD)SMJ(発売日:2014年5月)

comments 0

コメントを残す

・メールアドレスは非公開です。
・htmlタグは使えません。
・nameとcomment( * )は必須です。