iPhone 4SからiPhone 5sに機種変更して
30ピンDockからLightningケーブルに変わったものだから
車に搭載していたFMトランスミッターも買い換えです、はい(涙)。
差し込み口の規格変更は地味にイタいですね…。

つーことで、使っていたFMトランスミッターDP M138から
同じSEIWAの同系列商品でLightningケーブルに対応した
FMトランスミッター L1 Lightning(AL207)を選びましたー♪

基本的には今までのFMトランスミッターと同じで
充電しながらFM経由で音声をカーコンポに飛ばすって感じですね。
今回は低音を強調するBASSブーストを搭載してあるせいか、
M138より少し本体が大きくなってたのは残念な変更かも…(汗)。

低音とかカーコンポ側で調整できるんだから、
シンプルに小さくスリムに進化して欲しかったトコです。

ちなみに…
最後の最後までAL207と購入を迷った商品が
belkinAirCast Auto Bluetooth トランスミッターでした。

別売りな充電用のLightningケーブルまで買うと
ちょーっと高めだけど、なかなか評判も良いみたいだし、
知り合いが車に搭載していて実際に音楽を聞かせてもらったけど、
音質はクリアで良かったですよ〜♪

BluetoothでAirCastまで飛ばして
AirCastからカーコンポまではAUX接続の有線接続だから
そりゃ、FMトランスミッターより音質は良いはず。

ただ、コレを保留した理由は…
既にiPod classicをAUX接続して差し込み口に余りが無いコトと
本体の丸いコントロールボタンを設置する場所が
良い感じにフロントに無かったからです… はい(涙)。

音楽はiPod classicから流しているので、
iPhoneからはナビアプリの音声と充電だけが今回の目的。
んだから、今回はFMトランスミッターにしました〜。

音楽もiPhoneからでAUX接続が可能なら
AirCast Auto Bluetooth トランスミッターの方が
満足できるかも… です。

amazonで商品情報を見る
FMトランスミッター L1 Lightning(AL207)FMトランスミッター L1 Lightning(AL207)SEIWA(発売日:2013年9月)
AirCast Auto Bluetooth トランスミッターAirCast Auto Bluetooth トランスミッターBelkin(発売日:2010年11月)
2014年 03月 06日(木)
apple > diary > Fit > iPhonecomments 0

comments 0

コメントを残す

・メールアドレスは非公開です。
・htmlタグは使えません。
・nameとcomment( * )は必須です。