やってしまいましたーー!!(涙)。
大事に大事に扱ってたiPhone 4Sを落として
前面のガラスを割ってしまいました(涙)。

iPhone 5Sと5Cが発表されたこの時期になんてコトを…(涙)。
いや、コレは買い換えろって神様のお告げなのか!?(苦笑)。

まぁ、とりあえず入っていたAppleCareのギリギリ期間内だし
Apple Storeに相談しに行くことにしました。
んで、初めてのGenius Bar体験でいろいろ分かったことが…。

Genius Barはネットで予約して行けば確実なんだろうけど、
平日でも予約がいっぱいで、いつも3〜4日後しか空きが無い状態が多い(汗)。
んが、どーやらApple Storeには予約用のスタッフと
当日飛び込みを対応するスタッフがいるみたいで、
必ずしも予約が無いと受け付けないって訳じゃないようです。

まぁ、客の混み具合で1時間以上も順番待ちをする可能性があるけどね(汗)。
ネットの予約で数日も待てない場合は、飛び込みもアリな選択かと…。
外出OKなので、周辺で買い物でもして時間を潰してもいいし。

それと、iPhone 4Sの購入時に入っていたApple Careなんだけど、
知らない間に、上位バージョンのApple Care+が2012年2月から出ていて
ガラスの破損は上位のプラスじゃないと対象外と言われました(涙)。

下位のApple Careはボタンの修理とかその程度だけが対象で、
上位のApple Care+は更に追加費用をいくらか払えば、
最大2回までガラスの破損も修理対応が可能ってコトらしいです。

んじゃ、iPhone 4Sの対象外なガラスの破損はというと、
本体交換での対応で17,800円だそうです、はい(涙)。
7,800円もしたApple Careが無意味でしたよ〜、ショック(涙)。

Apple Care+が出たときに差額を払って
プラスに変更させてくれる救済処置があっても良いような… ね〜。
これはかなりダメージとガッカリ感が大きいですよ…。

あと、本体交換なのでOSは最新バージョンになってしまいます。
標準のマップがなかなか満足いくレベルにならないので、
iOS 5で止めていたのだけど、強制的に最新のiOS 6.1.3にされます。
交換する本体にiOS 5が入ってるのは無いと言われました(涙)。

さて、ここで狙ったタイミングの如くiPhone 5Sが目の前にあるのだけど、
もし機種変してもiPhone 4Sはそのまま別用途で使用したいし…
思い切って修理、ってか、本体交換をしてみましたー!!
iPhone 5Sを目の前にしてこの出費は痛すぎなんだけどね(涙)。

んで、新しい本体に初めにしたトコとは
データの復元でも充電でもなく、衝撃吸収フィルムを貼りました(苦笑)。

amazonで商品情報を見る
耐久性衝撃吸収 保護フィルム for iPhone 4 / 4S耐久性衝撃吸収 保護フィルム for iPhone 4 / 4SWrapsol (発売日:2012年2月)
耐久性衝撃吸収 保護フィルム for iPhone 5耐久性衝撃吸収 保護フィルム for iPhone 5Wrapsol(発売日:2012年10月)
2013年 09月 16日(月)
apple > iPhonecomments 0

comments 0

コメントを残す

・メールアドレスは非公開です。
・htmlタグは使えません。
・nameとcomment( * )は必須です。