FITにカーAVなFH-780DVDを取り付けたので、
次はフロントスピーカーを入れ替えてみました〜♪

手っ取り早く音質を向上させるにはスピーカーの交換ですよね。
確かにオーディオ側の性能も大切だけど、
イコライザである程度は自分の好みの範囲内に音を調整できるし、
やっぱり直感的に変わるのはスピーカーと思ってます、はい。

んで、前の車の時はフロントスピーカーをシャットアウトして
後部座席の後ろにボックス型のスピーカーを設置してたのもあり、
今回も同じように… とか思ってたんだけどね〜。
今更この段階でFITにはボックス型を置く場所が無いコトに気づく(汗)。

つーわけで初めて選ぶフロントスピーカーだけど、
セパレートとコアキシャルってのがあるんですね…。

実際にお店で聞き比べてみたけど、
セパレートはトゥイーターって高音を出力する小さなスピーカーがあるだけに
一体型のコアキシャルとは段違いで音がクリアですよー♪
ただ、ダッシュボードの上にこのオモチャみたいなスピーカーって見栄えが微妙(笑)。

車によってはこのトゥイーターを埋め込んで
うまく隠せるってなタイプもあるみたいだけどね〜。
FITの場合は埋め込むのにそれなりの加工が必要なようで…(汗)。

かといって、セパレートの音を聞いた後じゃコアキシャルの音って
いまいちクリア感がなく… どーしても選べない(汗)。

って、コトで、セパレート型のcarrozzeria TS-C1720Aを購入です♪
もっと高価なスピーカーならコレより良い音のモノがあったけど…
ホント、音の世界って信じられない程どこまでも高価なモノがありますからね〜。
上を見だしたらキリが無いので、予算的にTS-C1720Aに落ち着きました(笑)。

んで、インナーバッフルはUD-K614を選択です。
木製だと腐るコトもあるらしい… って話しを信じて(汗)、
金属製の6シリーズを選びました。
いや、ホントに腐るのか分からないけどね(苦笑)。
もしそうなったら取り替えがメンドーだし、余計な出費になるし… 用心して。
まぁ、金属製の方が音が良くなるから、話しが違っても結果オーライで(笑)♪

あとついでに、スピーカーの背面制振吸音材として
エーモンのデッドニングシートも取り付けました〜♪
どれだけ効果があるか不明だけど、気分的に… ね(笑)。

んで、実際に取り付けて聞いてみると、やっぱりTS-C1720Aは良いですねー♪
トゥイーターがあるから当然と言えば当然だけど、音がクリアになりましたよ!

FITの純正スピーカーは低音が良く出ているって評判だけど、
求めているのはクリアな中高音域なので購入して大正解!!
やっぱり純正とは大違いのクリアな音質です♪♪

1ヶ月ぐらいはイコライザをイジらずノーマルで音を出し、
スピーカーを慣らしたほうが良いって話しなので、
まだまだ、今のところはフラットな音だけどね〜。

自分好みの音に近づけるのが楽しみですよ♪♪

amazonで商品情報を見る
カロッツェリア カーAV 6.1V型 AVメインユニット(FH-780DVD)カロッツェリア カーAV 6.1V型 AVメインユニット(FH-780DVD)carrozzeria(発売日:2012年2月)
カロッツェリア セパレートスピーカー 17cm(TS-C1720A)カロッツェリア セパレートスピーカー 17cm(TS-C1720A)carrozzeria(発売日:2013年5月)
カロッツェリア 高音質インナーバッフル(UD-K614)カロッツェリア 高音質インナーバッフル(UD-K614)carrozzeria(発売日:2010年10月)
エーモン スピーカー背面制振吸音材(2365)エーモン スピーカー背面制振吸音材(2365)エーモン工業(発売日:2010年9月)
2013年 07月 29日(月)
diary > Fitcomments 0

comments 0

コメントを残す

・メールアドレスは非公開です。
・htmlタグは使えません。
・nameとcomment( * )は必須です。