Mac Pro(2008)とiPhoneを同期するために毎回USBで接続してたけど、
な〜んかスマートじゃないし、せっかくAirMac Expressで無線環境も整ったので
サクッとWi-Fiで同期するためにワイヤレスカードAria Extreme Nを購入です♪

標準装備じゃ無線LAN能力の無いMac Pro(2008)に
取り付け可能なワイヤレスカードです、これ。
これを装着すれば2008モデルも無線環境の仲間入りOKなアイテム♪

つーことで、取り付けだけど…
もともと内部へのアクセスが簡単なMac Proなんだけどね〜、
コレはなかなか厄介な部類に入りますよ(汗)。
と言うのも、ケーブル接続部分のソケット(?)が思いのほか固いです…。
んで、接続周りが手を入れると狭いです、力が入りづらい(涙)。

思い切ってMac Pro正面に位置する大型ファンを外してから
Aria Extreme Nを取り付けるコトをオススメしますね。
大型ファンはネジ2本で外れるので、サクッと取り外してスペースを
広くしてからAria Extreme Nを取り付けた方が効率的だったです。

ついでにエアスプレーで内部を掃除しながら(笑)、
大型ファンを戻しフタを閉めて取り付け完了です!
ちなみにドライバーとか何もインストールするコトなく、
取り付けのみで無線は問題なく認識してくれましたよ〜♪

1つ注意点はOSを64bitカーネル起動にしている場合は認識しないっぽいです。
ここの一覧表の一番下…

Sonnet – Support – Mac OS X 10.6 Snow Leopard Compatibility Matrix

64-bit kernelはFutureと書かれています…。
将来的には対応するかもだけど… 既に10.7が出ちゃってるし望みは薄い?(汗)

まぁ、使ってるMac ProはまだOS 10.5だし、64bitカーネル起動は関係ないと、
早速iTunesを立ち上げて、iPhoneとMac ProのWi-Fi同期を試したのだけど…

Wi-Fi同期できない…(涙)。

どーも調べてみるとMac OSX 10.5 Leopardでは、例えiTunesが10.5でも
Wi-Fi経由でiPhoneと同期は対応していないそうです(汗)。
ここまでの出費と苦労は…(涙)。

adobe CSの関係で仕事用なMac Proはまだ10.5から移行しづらいけど、
いよいよOSのアップグレードを真剣に考える時期が来たかも、です。
adobe CS6の発売までは粘ろうと思ってたんだけどね〜。

今回はかなりの空回りに… ガックシですよ〜(涙)。

2011年 11月 07日(月)
apple > maccomments 0

comments 0

コメントを残す

・メールアドレスは非公開です。
・htmlタグは使えません。
・nameとcomment( * )は必須です。