2011年7月20日にMac OS10.7 Lionが登場して1ヶ月ちょっと…
賛否いろいろ評価の声があがっていますね〜。

よくよく考えるとLionで搭載された新機能はほとんど不要なので(苦笑)、
理想のOSはブラッシュアップされ余計なモノが少ない
Snow Leopardの64bitカーネル起動じゃないかと思い始める(笑)。
Snow Leopardでもほぼデフォルトは32bit起動だとか…。

前々からOSはシンプルで軽く早く頑丈が理想だったしね、
それでもMacOSの提供するTime MachineとかMailは便利だったけど、
それもSnow Leopardで完成しているような…。

と言いつつ、Lion Serverは興味あるんだけどね〜(笑)。
まぁ、いずれはLionにするとしても、
とりあえず現状の環境は64bit化の方が優先かな… って思ったりして。

winのコトだけど読んだ記事は…
64ビットのOSと32ビットのOSってどっちがいいのだ?って言うか何が違うのだ?

んで、仕事で使っていないiMacから実験的に64bit起動に移行しました。
参考にしたのは…
Mac OS X v10.6:64 ビットのカーネルを使う Mac
Mac OS X v10.6:32 ビットまたは 64 ビットカーネルで起動する
Mac「Snow Leopard」の起動カーネルを32bitから64bitに変更

ターミナルからのコマンドでiMac(Mid 2010)は問題なく64bit起動しましたー♪
入れているアプリはそのままだけど、ほとんど64bit化されてあるし、
一部の32bitアプリも問題なく動いてくれてますね〜。

んが、不具合が多いのはプラグインやドライバあたりらしいので、
しばらく64bit起動で使ってみて様子見かな… とりあえずは問題なし!

んで、続いてMac mini(Early 2009)も64bit起動… と思いきや、
このモデルは64bit起動に対応していないらしいです(涙)。

どーやら、CPUもEFI(ブートシステム)も64bitに対応しているものの
意図的に64bit起動できないように制限がされているようです、はい(涙)。
強引に64bit起動させる荒技もあるっぽいけど、怖いのでスルー(汗)。

う〜ん、Mac miniの64bit化はあまり恩恵がないけど、
テスト運転の意味で64bitに移行したかったけどな〜(汗)。
まぁ、そのうちMac miniはLionLion Serverのテスト運転を任せよう(笑)。

最終的には仕事用のMac ProのSnow Leopard + 64bit起動が目標だけど、
コレを移行するときはアプリでお金がかかるし、もう少し先かな…(汗)。
仕事環境が1〜2バージョン遅れるってのは普通だしね。

amazonで商品情報を見る
Mac OSX 10.6.3 Snow LeopardMac OSX 10.6.3 Snow LeopardApple(発売日:2010年4月)
2011年 09月 05日(月)
apple > maccomments 0

comments 0

コメントを残す

・メールアドレスは非公開です。
・htmlタグは使えません。
・nameとcomment( * )は必須です。