iMacをSnow Leopardの64bit起動に変更して1日経過…
ぼちぼちメリットとデメリットが出てきました。

まず、メリットはMacOSに搭載されているアプリ、
例えばSafariとかMailは動作が機敏になった感じですね。
さすがはOS発売元のアプリだけあって、当然と言えば… だけど。

んで、デメリットは一部の32bitアプリ(Apple以外)が遅くなりました(涙)。
確かに問題なく起動しているものの、OSを32bitで起動したときより
歴然と動作が遅くなったアプリがちらほら…。

これは単にアプリが古く、64bitに対応した新しいバージョンに
アップグレードすればOKなんだけどね… 余計な出費がぁ(汗)。

それよりも1番の謎は、なぜかTime Machineが遅くなった。
Time CapsuleにLANで繋いでるんだけど、バックアップが異常に進まない。
Apple純正のアプリにApple製品の組み合わせなのに(涙)。
う〜ん、これは対応ってか改善策があるのか??

まぁ、Time Machineの問題はゆっくり調べるとして、
まずは32bitアプリを64bit対応にバージョンアップするか、どうか…。
幸いにiMacは仕事で使っていないプライベート用なので、
無料アプリばかりで、たいした有料アプリを入れていないコトかな。

それとも断念して、32bit起動に戻すか…。

Time Machineが解決すれば、とりあえずは使用に耐えられるんだけどな〜。
いすれ仕事用Macを64bit化する時のための布石と思って、
もう少し試行錯誤してみようかな。

amazonで商品情報を見る
Mac OSX 10.6.3 Snow LeopardMac OSX 10.6.3 Snow LeopardApple(発売日:2010年4月)
2011年 09月 06日(火)
apple > maccomments 0

comments 0

コメントを残す

・メールアドレスは非公開です。
・htmlタグは使えません。
・nameとcomment( * )は必須です。