Snow Leopardを64bitカーネル起動にしたタイミングと
HDDが損傷したタイミングがあまりにも一致したので、
関係ないと分かっているんだけどね… なんか64bit起動が怖い(汗)。

せっかくHDDも新しくなり、OSも入れ替えたばかりのサクサク動く
クリーンな状態なのでもう一度、自分の使用環境ではどっちがベストか、
Snow LeopardとLionや32bit起動と64bit起動を考えよう!

まずは、Snow LeopardとLionだけど…

Mac OS Xスピードテスト「Lion」vs「Snow Leopard」
「OS X Lion」と「OS X Snow Leopard」のパフォーマンス比較色々

パフォーマンスで言えば誤差で、日常で使うなら五分っぽい。
LeopardからSnow Leopardの時はOSのブラッシュアップが目的で
見た目はさほど変わらないにしてもパフォーマンスの向上が期待できた。

んが、LionはSnow Leopardで完成したOSに機能を追加したバージョン。
OSの更なるブラッシュアップや高速化が目的じゃないしね…。
Appleで紹介されているLionの新機能に興味がないなら、
更に動作がサクサクっと軽くってコトじゃないので、必要性を感じないかも(汗)。

ちなみに便利そうなAirDropはかなり最新のモデルに限られるっぽいです。
Appleサポートの使用可能一覧を参考に…。

自分のコンピュータで AirDrop を使えるかどうかを調べる

続いて、32bit起動と64bit起動だけど…

やっぱりスゴい! Snow Leopardの「64bit対応」
MacBookの64ビット化 Apple サポートコミュニティ

どーもこの記事を読んでいると考えが変わってきた。
つまりMacの場合、メモリ管理は64bitで行われているので、
32bit or 64bit起動どちらでも4GBの物理メモリを突破してるらしい。
カーネルが介在する処理以外ならどっちでもいいのだ(笑)。

んじゃ、カーネルが介在する処理って何?… って思うけど、
これ以上、掘り下げると聞いたコトの無い言葉の羅列で、
調べたいコトを調べるって無限ループに突入するので、ここらで退却(笑)。

昔、知り合いのプログラマが言ってたな〜。
難しいコトを理解できるのは、ちょっとだけ頭のいい人。
それを誰にでも分かるように説明できる人は、すごく頭のいい人。

話がそれたけど…
結論としては32bitカーネル起動でも4GBの物理メモリを突破してるから、
Mac OS10.6 Snow Leopard + 32bitが自分の使用環境では最適で、
OSの起動モードより、アプリの64bit化の方が重要って結果に。

Lionの新機能に興味があれば、Lion + 32bitでもOKかな…。
そーなると、Lionで1つだけ興味があるのはiTunesの64bitかも。
LionではiTunes10.4で64bit化なのに、Snow Leopardでは32bitのまま(涙)。

WindowsでもiTunesは64bitが提供されているのに…(涙)。
近いうちにSnow Leopardでも対応してくれると信じてますよ〜。

amazonで商品情報を見る
Mac OSX 10.6.3 Snow LeopardMac OSX 10.6.3 Snow LeopardApple(発売日:2010年4月)
2011年 09月 23日(金)
apple > maccomments 0

comments 0

コメントを残す

・メールアドレスは非公開です。
・htmlタグは使えません。
・nameとcomment( * )は必須です。