自宅用に買ったiMacは仕事で使わないので、
OSとAdobe CS3の相性なんて気にしなくていい。

つーことで、iMacはダウングレードすることなくSnow Leopardを使用。
仕事用のMac Proはいまだに10.5のLeopardです(汗)。
計画的にはOS10.7とAdobe CS6が出揃ったときにアップしようかなと…。
何年先になるか分からないけどね(笑)。
まぁ、その頃には隅からすみまで64bitな世の中になってるでしょう、きっと。

んで、自宅で本格的に使い始めたSnow Leopardなんだけど、
さっそくQuickTimeでガックシくる(涙)。

QuickTime 7では動画のカットや連結って簡単にできた。
Pro版だったかもしれないけど、CMカットのような動画の途中のカットができ、
連結もドラッグで出来てしまう便利なヤツだったんだけどね〜。
QuickTime Xでその機能は無くなったようです、はい。

動画の前後をカットするトリムってのはあるのだけど、
あくまで前後、途中をカットすることは出来ないっぽい(汗)。
あと、連結にも対応していない… っぽい。

「っぽい」てのは、もしかしたら発見してないだけかもなので、
一応な表現です、はい。

結局、OSのDVDからQuickTime 7を追加でインストール。
DVDの中の「オプションインストール」から「Optional Installs.mpkg」を選択で、
後からいつでもQuickTime 7をインストールできます。

ちなみにインストールされる場所はアプリケーションの中の
ユーティリティってフォルダの中です。
… なぜに1階層下がるのか?(QuickTime Xとの競合を避けるため?)

しばらくはQuickTime XとQuickTime 7の併用です。
進化するのは嬉しいけど、便利な機能が無くなるのはイタいですね…。

OS10.7が出る頃には、こういう無駄なコトも綺麗にブラッシュアップされ、
スマートな64bit環境が整っているコトを願いますね〜。

amazonで商品情報を見る
Mac OSX 10.6.3 Snow LeopardMac OSX 10.6.3 Snow LeopardApple(発売日:2010年4月)
2010年 08月 09日(月)
apple > maccomments 0

comments 0

コメントを残す

・メールアドレスは非公開です。
・htmlタグは使えません。
・nameとcomment( * )は必須です。