ドラクエってオリジナルはもちろん、なんだかんだでリメイクもプレイしてしまうから、
かなりの回数を遊んでるんだよね〜。
さすが国民的ソフト。

んで、今回は初リメイクとなるDS版「ドラゴンクエストVI 幻の大地」を
プレイしてみましたー。個人的には9がイマイチだったから、6でクチなおしです、はい。

オリジナルは15年前で、内容をうっすらとしか覚えていなかったから、
まるで新作のような感覚で楽しめましたよ(笑)。

ドラクエ6のテーマは「発見」って言うぐらい自由度が高くて、
もう、ウロウロと世界をさまよいっぱなし(笑)。
しかも現実世界と夢の世界で同じ城や町が存在するもんだから
ストーリーが分からなくなることもしばしば…(汗)。

この設定がドラクエで1番の難易度って言われる理由かな…。
人まで夢と現実で2人ずつ存在するからね〜、迷う迷う。

で、他のシリーズはどうだったか忘れたけど、
今作は最後の敵を倒した後、仲間とそれぞれ別れていくシーンが
あったんですね、仲間がこれからどーしていくか、って感じの。

お城でファンファーレ&大団円がドラクエの定番と思いきや(笑)。

そして、そのエンディングの最後は「えっ!?」って感じで
完全にやられましたね、まさかストーリーが続いていたとは…。

やっぱりドラクエはリメイクでも楽しめますね〜。

amazonで商品情報を見る
ドラゴンクエストVI 幻の大地(DS)ドラゴンクエストVI 幻の大地(DS)スクウェア・エニックス(発売日:2011年2月)
2010年 03月 25日(木)
game > Nintendo DScomments 0

comments 0

コメントを残す

・メールアドレスは非公開です。
・htmlタグは使えません。
・nameとcomment( * )は必須です。