テスト環境を構築するために Windows ParallelsMac OS10.5 に入れてみましたー。
パソコンのスペックが上がり、仮想ソフトの出来も良くなったので昔と比べまずまず、
使えるレベルになりましたね〜。

昔、Windows 98とか2000を仮想ソフトでMac OS9に入れたときは絶句しましたからね、
その使えなさに…。

もう動かない動かない(涙)。

んで、Windows 7なんだけど…。
もともとWindowsはテスト環境以上はさわらない、
必要最低限の設定のみでOS自体を使いこなしてないレベルでみて
印象はVistaと変わらなかったですね〜。

ダイエットして動きが速くなったVistaって感じです。
う〜ん、VistaのSP3と言った方がしっくりくるなコレ。

MacもOS10.5から10.6で見栄えはほぼ一緒、中身が64bit化で高速化。
と、一緒のようなアップグレードでしたねAppleとMicrosoftの両陣営。

決定的な差は価格かな…。
同じような進化でMac10.6は3,300円なのに対して
Windows 7は3万7800円(Professional)と10倍以上…。

Vistaの売れ行きが不調だったのが原因なのかな?

2009年 12月 07日(月)
apple > maccomments 0

comments 0

コメントを残す

・メールアドレスは非公開です。
・htmlタグは使えません。
・nameとcomment( * )は必須です。