浦沢直樹が手塚治虫の「鉄腕アトム」の「地上最大のロボット」の話をリメイクした
PLUTO」ってなマンガが完結したっぽいので読みしましたー。

最近は途中で止まるのがイヤなので、
完結して最終巻が出てから一気に読むコトにしています。
先の展開が気になってどーしようもない、って訳じゃないけどね(笑)。

長い期間の持続的な興味が保てない… のかな?(笑)。

んで、実は手塚治虫のマンガを読んだことが無いです(汗)。
タイトルぐらいは知ってるけど、不思議とまったく興味がわかない。
まぁ、時代ってか世代が違うからね…。

なので、原作どころか手塚治虫のマンガも知らないので
なんの先入観も無く読むコトができた「PLUTO」なんだけど、
コレ、面白かったですよ! 完全に浦沢直樹の作品でした。
展開といい描写といい引き込まれますね、浦沢直樹の作品には。
20世紀少年」や「MONSTER」がOKならオススメです。

ただ個人的に、登場人物のブラウ1589ってのが意味不明でした(涙)。
レクター博士やAKIRAって話もあるけど… にしても存在が微妙。
最後に槍を投げたのも、なぜブラウ1589がその役?
いろいろ足りなかったような気がします、この登場人物だけ。

んが、それを差し引いても楽しかったですよ、この作品。
原作があるとはいえ、8巻で終わるのがもったいないぐらいです。

amazonで商品情報を見る
PLUTO 全8巻完結セットPLUTO 全8巻完結セットコミック(発売日:2009年6月)

comments 0

コメントを残す

・メールアドレスは非公開です。
・htmlタグは使えません。
・nameとcomment( * )は必須です。