な〜んか、Macのお正月福袋のような噂を発見したので(笑)、
いろいろ正月からMac環境の妄想を展開してしまいました。

お正月休みって案外ヒマなんよ(涙)。

以下、APPLE LINKAGEの記事を引用。

Mac Rumorsが、情報筋より寄せられたMacworld Conference & Expo 2008の基調講演のものであるとする2種類のシナリオを掲載しています。
一つのシナリオでは、Mac miniの半分の高さで、アルミ筐体を採用し、2.0GHzと2.2GHzのSanta Rosaを搭載した「Mac Nano」;
標準モデルで2.8GHz、BTOで3.0GHzと3.2GHzのPenrynプロセッサを搭載し、BTOでBlu-rayドライブが選択可能になる「Mac Pro」;
2.4GHzと2.6GHzのPenrynプロセッサを搭載し、17インチモデルはLEDバックライトを採用し、15インチモデルはBTOで高解像度のディスプレイが選択可能になり、さらにブラックモデルを追加した「MacBook Pro」;
アルミ製の「Mighty Mouse」;
LEDバックライトを採用し、iSightカメラを内蔵した新しい20インチ、23インチ、30インチの「Cinema Display」;
1.6GHzと1.8GHzのCore 2 Duoプロセッサと13インチLEDバックライトディスプレイを搭載したAppleのラップトップ製品で最小・最軽量の「MacBook Nano」が発表されるとされています。
もう一つのシナリオでは、ムービーレンタルおよびeBookの販売をサポートした「iTunes 8」;
iPod classicとiPod touchでeBookをサポートするソフトウェアアップデート;
18ヶ月以内にすべてのMacにBlu-rayオプションを追加;
Blu-rayオプションが追加され、プロセッサとグラフィックをアップデートした「Mac Pro」;
デザインが若干変更された「Cinema Display」、Mac miniより薄くて幅が広く、Apple TVよりも厚みがあり、縦置きまたは横置きが可能で、Blu-Rayとハードドライブのオプションを選択できる、Mac miniとApple TVを1つにした製品;
すべてのMacが「Front Row 3.0」(決定名称ではない)で起動可能になる;
Front Row 3.0では、Front Row版のiCal、Mail、Safari、eBookアプリケーションを搭載し、リモコンの他iPod touchやiPhoneでも操作可能になる;
MacBookやMacBook Proとは異なる新たな製品「MacTouch」:MacTouchは2つの9インチタッチスクリーンディスプレイを搭載し、2画面モードでは1つのディスプレイがキーボードとタッチパッドとして機能し、光学式ドライブやハードドライブは未搭載といった内容の発表が行われるとされています。

これだけの製品が1度にできあがるって思わないけど、
そこはユーザーの勝手な妄想(笑)。

MacBook NanoとMacTouchは気になるトコです。
違うトコでも、ちらほらウワサは出てたし…。

んが、1番出て欲しいのはCinema Displayですね〜。
そろそろCRTモニタを買い換えたいし。
新しいCinema Displayとナナオを見比べて購入を計画してます。

まぁ、こんだけ並べれば1〜2個は当たるでしょう。
1月15日の発表を楽しみに待ってようかな。

2008年 01月 02日(水)
apple > memocomments 0

comments 0

コメントを残す

・メールアドレスは非公開です。
・htmlタグは使えません。
・nameとcomment( * )は必須です。