OSX移行で、いまいち理解していなかったので保留していたFontの移行。

OS9のFontはどこまで使えるんだろう?って調べてみたものの、
実際に試しながらOKとNGなものを分別したほうが早いやって、
学習もそこそこ実践にうつる(苦笑)。

OSXにはFontBookってなToolがあって、
どうやらコレで管理をするらしい…。

んで、フォントフォルダは3つ…。

01:System / Library / Fonts(システムが使うフォント)
02:Library / Fonts(全てのユーザーが利用可能なフォント)
03:ユーザー / Library / Fonts(各ユーザーのみ利用可能なフォント)

なんだけど、何も考えずに02のフォントフォルダを使って、
Fontを入れてみて、検証NGなものを削除していると…。

!?ん…、な〜んかFinderの表示がおかしいぞ?
メニューとかウインドウの文字が完全に文字化けしてるぞ(涙)。

どうやら、標準で02に入ってるFontも削除してしまったみたい(汗)。
うおぉ!ちょっとピンチかも…。

標準で入っていたFontがどれかも分からず、
OSXのDVDからFontだけ取り出すこともできず、
結局、再起不能になりました(涙)。

あれれ、システムが使うFontって01だけじゃなかったの?
試す前にフォントフォルダを別に保存しておくべきでした(涙)。
って、OSXの目玉機能Time Machineを初めに設定しておけば…。

つーことで、振り出しに戻る。
OSのインストールからやりなおしています(涙)。

amazonで商品情報を見る
Mac OS X 10.5.6 LeopardMac OS X 10.5.6 LeopardApple(発売日:2009年1月)
2008年 01月 20日(日)
apple > maccomments 0

comments 0

コメントを残す

・メールアドレスは非公開です。
・htmlタグは使えません。
・nameとcomment( * )は必須です。